沖縄が誇る屈指のラグジュアリーホテル、それがザ・ブセナテラスです。

ザ・ブセナテラスの場所

さとふるふるなびバナー

名称:ザ・ブセナテラス
住所:〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1808
Tel:0980-51-1333

場所は、那覇空港から遠く離れた名護にあります。那覇空港からは、シャトルバスで2時間くらいかかったと思います。普通の路線バスでいくと4時間くらいかかります。一度だけ昔学生時代、路線バスで行ったことがありますが、3回くらい寝ましたw 沖縄と言っても、やはり広いんですよね。電車が通っていないことも大きいと思います。

名護について

名護は沖縄の北部に位置する市です。名護市役所の超近代的建築デザインは、ちょくちょくtwitterでもバズってますね。それほどまでに、独特のセンスにより建てられた建築物になります。前を車で通るたびに「こんなところで働けたらテンション上がるだろうな…」と思わされます。
あと、名護はどこのご飯屋さん入っても美味しいです。おすすめのご飯屋さんは、後述しますね。

施設マップ

ザ・ブセナテラスは敷地内がとてつもなく広いです。ホテルだけでなく、プライベートビーチやテニスコートも所有しているためです。下記に2018年8月現在のホテル敷地内マップを載せておきます。

ゲストルーム(部屋)タイプ一覧

部屋タイプ

グレードオーシャンビューガーデンビュー
スタンダードフロアデラックスナチュラル オーシャンビューデラックスナチュラル ガーデンビュー
スタンダードフロアデラックスエレガントメゾネット ガーデンビュー
スタンダードフロアメゾネット オーシャンビューガゼボテラス
クラブフロアクラブフロア デラックスエレガント
クラブフロアテラススイート
クラブフロアクラブスイート
クラブコテージデラックススイート
クラブコテージスーペリアスイート
クラブコテージラグジュリアススイート
クラブコテージプレジデンシャルスイート

すべての部屋のタイプはリゾートスタイルになっています。和室はありませんので、諦めましょうw

スタンダードフロア

部屋からの眺めがすてきな景色。リゾートステイを豪華に演出します。

[オーシャンビューの部屋タイプ]

・デラックスナチュラル オーシャンビュー
・デラックスエレガント
・メゾネット オーシャンビュー

[ガーデンビューの部屋タイプ]

・デラックスナチュラル ガーデンビュー
・メゾネット ガーデンビュー
・ガゼボテラス

クラブフロア

スタンダードフロアと比べてグレードの高いフロアですね。専属のスタッフがいます。凄い。

オーシャンビューの部屋タイプ

・クラブフロア デラックスエレガント
・テラススイート
・クラブスイート

どれもオーシャンビューの部屋です。しかも眺めが段違い!くー1回は泊まりたいーー。

クラブコテージ

ホテル棟ではなく別建てのコテージ、ヴィラです。プライベート性がより強く、まるで、無人島の楽園に来たかのような気分になれます。
プライベートプールがつくタイプ多数!セレブ!完全にセレブ!

・デラックススイート
・スーペリアスイート
・ラグジュリアススイート
・プレジデンシャルスイート

部屋からの眺め

オーシャンビュー(ベランダからの眺め)

とにかく眺めが良い!!私もそうですが、子供もはしゃいじゃってしょうがなかったです。そら東京住んでたらあんな綺麗な海、景色なんて見れないですからね。

サンセットもこんな感じです。

前泊まらせてもらったときは、オーシャンビューの角部屋で最高の立地でした。サンセットは本当に美しかったです。地球すげえってなりましたw

夜景も綺麗でしたね。空に都会では見えない星たち、聞えるのは波の音だけ。こんなロマンチックな状況あるのかと。夜、家族が寝た後に静かにベランダに出て、海の音を聞きながら飲み物飲んだりしてリラックスしました。

ガーデンビュー

ベランダから海が見えなくても良い、という方はガーデンビューの方が少し安くなっています。
高層の部屋など、部屋によっては、ガーデンビューでも少し海が見えるようです。
また、部屋によっては、ガーデンビューというようりパーキングビューな部屋もあるようなので要注意ですね。
まあせっかく来たなら、少し出してでも、オーシャンビューの方が私はおすすめです!私も実際、オーシャンビューしか泊ったことありません。

部屋のリクエストについては、ハイシーズンでなければリクエストが通るような話も聞きますが、実際なんとも言えないところです。混んでなく、空室があればさりげなく予約時にリクエストを書いてみてはどうでしょうか。ダメもとで。

部屋内の設備

ベッド

非常に清潔です。シーツも新しい匂いがして、嫌なところひとつもありません。やはりホテルはこうでなくては、と思わせてくれます。

洗面所

アメニティが横に添えられています。こちらも非常に清潔感あふれる洗面所です。お風呂と同じ場所にあります。鏡も大きく、複数人でも使いやすく設計されています。

お風呂

広々とした白いお風呂です。外国映画に出てくるような、泡風呂が似合いそうなお風呂です。お風呂からベッドルームに窓があり、お風呂に入りながら、ベッドルームにいる人と話をすることができます。お洒落!!空間がお洒落!!

シャワー

お風呂とは別にシャワールームがあります。このおかげで、お風呂は広々、セレブ気分があじわえるということですね。

冷蔵庫

有料になります。中にはジュースやお酒などがぎっしり入っています。また、無料で飲めるお水やコーヒー、お茶もあるので、そちらも活用してみてください。

電子レンジ

ルームサービスに電話すれば、電子レンジで温める食べ物を取りに来てくれます。この電子レンジを部屋に置かないこだわり分かりますかね。電子レンジてどうしても日常の雰囲気出しちゃうじゃないですか。そこを人的コストかけてでも置かないスタンスに驚愕です。

テラス/ベランダ

テラスから海が見えるように、柵になっています。雰囲気壊さず良い感じです。
またテラスには、テーブルと椅子2つあります。テラスで海の音を聞きながらお酒飲んだのですが、いつもより酔えました。お酒と雰囲気に。

ホテル施設紹介

施設紹介の前にブセナテラスならではの凄い話を。

「ザ・ブセナテラスにいると時間が経つのを忘れちゃうなあ~。いったい今何時なんだろう~」ザ・ブセナテラスでゆったりとした時間を過ごしていると、こんな感覚に襲われたりしませんか?実はこれ、非日常感からくるふわっとした考えではなく、理由があるんです。

何回か宿泊したことのある人なら気付いているかもしれませんが、ザ・ブセナテラスの共有施設には時計がないのです。気づきましたか?これは、ザ・ブセナテラスにくるお客様に時間を忘れて非日常の楽園を楽しんでもらうために、敢えて、時計をはずしているらしいです。このホスピタリティどうですか。最高の非日常の演出のために、生活に必要不可欠と思われた時計を敢えて外す判断。ふつうできませんよ。凄すぎて感動しました。

プライベートビーチ

全長約760mのザ・ブセナテラスプライベートビーチです。本当に自然で広いビーチで驚きます。オフシーズンでも安心してください。浜辺を歩いてるだけで楽しめます。海の水も透明度高くて「沖縄にきた!」と全力で感じられると思います。沖縄全般に言えますが、波もほぼなく穏やかです。

ホテル宿泊の場合は、ビーチタオルを無料で貸し出してもらえます!他にも、ビーチパラソル・ビーチチェアも貸してもらえるようです。これはお得。

ロビー


ザ・ブセナテラス (トリップアドバイザー提供)

ホテル入口入ったところの開放的なロビーです。海の方からさわやかな風が抜けます。椅子、ソファも豪華で、座っているだけで、南国リゾートに来た気持ちにさせてくれます。フロントも入って左にあります。

外プール

オーシャンビューであれば、客室からもプールが見えます。ホテルの真ん中に位置するプールです。プールサイドには椅子も用意されているので、プールサイドでゆったりとまどろむのもありです。

このプールだけかと思ったら、外にもうひとつプールがあるみたいですね。

屋内プール

屋内にあるプールなので、オフシーズンでもプールを楽しむことができます。子供が遊べるプールもありますよ!

ちなみに、水着のレンタルは行っていません。必ず買ってからザ・ブセナテラスに泊まりましょう!一応、ホテル内でも水着販売されています。

コンビニ

ホテル棟から敷地入り口方面に歩いて行くとホテルを背にして左側にあります。チェーンではなく、独自のコンビニ的なお店です。お酒も売ってます。

トレーニングジム

もちろんあります。日常のルーティーンを崩したくない人は、利用しましょう。

スパ/サウナ

部屋のお風呂も良いですが、一度は大浴場も利用してみてはどうでしょうか。

ライブラリー

ホテル側で所蔵している本を読むことができます。ゆったりくつろげる心地よいスペースになっています。

喫煙所

全室テラス含めて禁煙です。もちろんレストラン等も禁煙になっています。
指定の喫煙所がホテルの施設内にあるので、喫煙者の方は必ずそこでタバコを吸いましょう。
時代なのか、吸ってる人少なかったですね。

※ちなみに、薬局はありません。必ずザ・ブセナテラスに着く前に薬は買っておきましょう。

レストラン

レストランスタイルドレスコード子供
ラ・ティーダカジュアル
ファヌアン高級×(小学生未満NG)
龍澤高級×(小学生未満NG)

ラ・ティーダ

バイキング形式のカジュアルなレストランです。小さい子供用の椅子もあります。

メインダイニング ファヌアン

ファヌアンのドレスコードは、
男性:シャツ&スラックス
女性:リゾートドレスやワンピース等
カジュアルな服装はNGです。浴衣もNGです。
お履物について
ビーチサンダルやスリッパはNGです。また、それっぽい履物もNGくらいますのでご注意ください。
年齢制限
小学生未満のお子様は利用できません。

鉄板焼レストラン「龍潭」

小学生未満のお子様は利用できません。

アクティビティ

下記アクティビティがあります。ご利用の際はフロントまたは事前にメールか電話で連絡を入れておきましょう。

・サンセットクルーズ
・テニス
・ホエールウォッチング
・アクティビティ
・マリンスポーツ
・グラスボート
・ゴルフ
・ダイビング
・シュノーケル
・パラセーリング
・ヨガ

ホテルの敷地内でヨガを行うことが可能です。リゾートでヨガを行う人は一定数いるんですよね。都会でヨガやるより、よりパワーもらえそうですね。

施設内でのイベント

サックス演奏

夕暮れ、サンセットが近づくと、プールでサックスの演奏が始まります。サックス演者の方お一人が行うのですが、これが本当に最高でした。考えた人すごい。ムーディーなサックスの音色と、サンセットの色合いが絶妙に混ざって、海外の楽園にいるような感覚に陥ること必至です。ゲストは各々部屋のベランダから見たり、ロビーのテラスから身を乗り出して聴き入っていました。

ザ・ブセナテラスの評判

他の旅行サイトの口コミを見れば一目瞭然ですが、ザ・ブセナテラスの評判はすこぶる良いです。

・前から一度泊まってみたいホテルだったのですが、噂通りにサイコーでした。

・全ての面のクオリティーが高く、リピーターが多いのも良くわかりました。

・すごいキレイなホテルでした!

・お食事も高かったのですが雰囲気も料理も大満足でした!!

・何よりもバトラーサービスを経験してしまうと他のホテルが物足りなくなります。

それもそのはず、敢えて那覇空港から行きやすい那覇市内ではなく、空港から遠く離れた名護場所に位置するため、海の音、サンセット、小鳥のさえずり、星空と、非日常を思う存分楽しめます。
ネットの評判だけでなく、自分自身がザ・ブセナテラスに泊まった経験から言っても、めちゃくちゃにおすすめできます。また、ザ・ブセナテラスに泊まった友人ら、誰の話を聞いても「最高だった」「また行きたい」「ザ・ブセナテラス貯金するわw」と、非常に評判が良かったです。どれも納得できます。

系列ホテル

ザ・ブセナテラスは『ザ・テラスホテルズ株式会社』という沖縄のリゾートホテル会社が経営しています。ザ・ブセナテラスには、系列ホテルがいくつもあります。そのどれもが、ラグジュアリーリゾートホテルです。また、ホテルによっては、お子様連れでは宿泊できない大人向けのホテルもあるのでご注意ください。

・ザ・ブセナテラス
・ザ・テラスクラブ アット ブセナ
・ジ・アッタテラス クラブタワーズ
・ジ・アッタテラス ゴルフリゾート
・ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
・ザ・ナハテラス
・チャタンハーバー ブルワリー&レストラン
・万国津梁館(指定管理者施設)

ザ・ブセナテラスのドレスコード

ザ・ブセナテラスはラグジュアリーリゾートホテルのため、パブリックスペース、各施設、レストランではドレスコードが存在します。基本的には軽いドレスコードにはなりますが、把握しておきましょう。

施設全体

部屋以外ではタトゥーは見えないようにしてください。プールやレストランも同じです。シャツや長ズボンを穿きましょう。少し暑いけど仕方ありません。

チェックイン/チェックアウトについて

チェックアウト後のホテル滞在

チェックアウト後もロビーにいることは可能です。念の為、フロントに伝えましょう。バスを待つ人もいると思います。最後までザ・ブセナテラスを楽しみましょう。ロビーから見えるプライベートビーチをバックに写真を撮っておくことをおすすめします。

アーリーチェックイン

早めに着く場合は、ホテル側に事前に連絡を入れていれば大丈夫です。または、ロビーで待たせてもらう形になります。ロビーは座って海と風を感じるだけでも楽しいので、少し早くついたら、フロントに言って、ロビーで待たせてもらいましょう。

レイトチェックアウト

こちらはプランとして用意されているので、予約時に確認してください。18時チェックアウトのプランなどがあります。ゆっくり最後までザ・ブセナテラスを楽しんで下さい。

ルームサービス

部屋での朝食


ザ・ブセナテラス (トリップアドバイザー提供)

バトラーさんに伝えれば、お部屋で朝食を食べることも可能です。2018年8月現在、下記の中から選ぶことができるようです。

部屋食モーニングセット(洋食)部屋食モーニングセット(和食)
アメリカンブレックファースト和定食
ヘルシーブレックファースト
ミックスサンドウィッチセット

どれも3,000円程度になります。他飲み物や、アラカルトも頼むことが可能です。

部屋でランチ

部屋でランチを食べることも可能です。こちらもバトラーさんに依頼しましょう。2018年8月現在、下記の中から選ぶことができるようです。

部屋食ランチセット(洋食)部屋食ランチセット(和食)
ホットサンドセット琉球御膳
パスタセットゴーヤーチャンプルーセット
ハンバーグランチセット天丼
鉄火丼

値段は、2,000円強〜4,000円強程度になっています。

部屋でディナー

部屋でディナーを食べることもできます。やろうと思えば3食部屋で食べることができて、人混みが好きではない人にも優しいですね。
こちらもバトラーさんに依頼しましょう。2018年8月現在、下記の中から選ぶことができるようです。

部屋食ディナーセット(洋食)部屋食ディナーセット(和食)
ハンバーグステーキディナーゴーヤーチャンプルーセット
魚コース島豚ロースカツ御膳
セットディナー天ぷら御膳
インルームダイニングディナー握り寿司御膳

4,000円〜8,000円程度になっています。料理ごとに金額に差があるので、必ずバトラーさんに確認を入れてから頼みましょう。また、アレルギーがある方は、こちらも事前に伝えた上で料理を頼んでください。

ルームサービスで記念日ケーキ

記念日のケーキなどもありますが、ルームサービスできるかは、事前にホテルに確認入れてみて下さい。

部屋でリラクゼーション

お部屋でリラクゼーションマッサージを行ってもらうことも可能です。こちらもバトラーさんに確認し、お願いして下さい。時間とマッサージジャンルでコースがいくつか存在します。
こちらのリラクゼーションマッサージは、部屋以外でも専用ルームが存在しますので、そちらで受けることも可能です。部屋と専用ルームで施術可能な時間が変わりますので、確認してください。

・客室内の営業時間
13:00~01:00(深夜)
・専用ルームの営業時間
13:00~22:00(サウスタワー 1F)

子供の体調が悪い時

子供が熱を出した際、バトラーさんに伝えたら、アイス枕を用意してもらいました。これには自分も感動しましたね。あまりのホスピタリティの高さに。

洗濯(ランドリーサービス)

汚れた服などあれば、バトラーさんに言って、洗濯してもらいましょう。少し前まではセルフのランドリーができたのですが、廃止になりました。これも非日常の演出のためのこだわりと考えると徹底していますね。

無料Wi-Fi

ザ・ブセナテラスでは、無料のWi-Fiも飛んでいます。スタッフに確認し、該当のWi-FiとPASSを教えてもらいましょう。非日常を楽園を提供しつつ、こういう日常の利便性を奪わないスタンスは、本当に素敵です。お客様第一主義が伝わっってきます。

レンタカー

オリックスレンタカーデスクがホテル内にあります。場所は少し入ったところにあります。分からなければスタッフに聞いてみてください。

確実に事前に電話かWEBで予約をしておきましょう。

ちなみに、近くのガソリンスタンドは、ザ・ブセナテラスを出て左に進むと、道の右側にあります。ここで給油をしてレンタカーを返すと良いでしょう。

レンタサイクル

1台1時間1000円で借りられます。

タクシー

タクシー利用の際は、フロントにお願いしましょう。

ペット

ザ・ブセナテラスは、ペットも一緒に泊まることができます。ただし、基本的にはお部屋のみと考えておいたほうが良いでしょう。アレルギーのある他のお客様がいることも容易に想像できますため。

お土産の購入について

ザ・ブセナテラスでお土産も買うことが可能です。ですが、あまり一般的なお土産は売っていませんので、空港か那覇市内で購入するのがおすすめです。私はなんだかんだいつも那覇空港内でお土産を購入しています。

なんと言ってもおすすめはこのオリオンビアナッツです。沖縄のお土産ではこれが一番美味しいですね。名護の道の駅でいつも買い込みます。

忘れ物

もしホテルに忘れ物をしてしまった場合でも大丈夫です。落ち着いて、ザ・ブセナテラスの電話番号まで電話してみましょう。

台風

もし台風でフライトが飛ばない場合、不安ですよね。新しく別のホテルに宿泊するのか、はたして当日に予約することができるのか、予約取れなかった場合は那覇空港でビバークしなきゃいけないのか?不安はつきません。
こんなときもザ・ブセナテラスなら安心『台風料金』という、台風の際に特別に適用される宿泊料金体系があり、通常より安く延泊することが可能です。台風の場合、外の施設は利用ができませんが、屋内の施設は利用可能です。こんなときこそ、屋内のプールや、お店を楽しみましょう。そのうえで、フライト情報を要チェックです。

ブセナテラスは何人で泊まるのがおすすめか

一人旅

一人でザ・ブセナテラスにきて、ゆっくりとザ・ブセナテラスの時間を過ごす…これぞ究極の贅沢。おすすめです。
でも実際楽ですよね。那覇空港からもそこそこ距離があるので、自分ひとりならどこ寄ってから到着しても良いわけですし。家族や恋人とでは味わえない、至高の時間を楽しみましょう。

カップル/夫婦

カップル/夫婦でのザ・ブセナテラスはめちゃくちゃおすすめですよ。ほんとに最高のロケーションですからね。テラスのレストランも雰囲気最高!事前にスタッフに相談すれば、記念日のケーキなんかも用意してもらえますよ。
どうせなら相手にこの旅行自体をプレゼントしてあげてください。絶対に喜ばれます。

家族

家族でザ・ブセナテラスも間違いないです。子供も楽しめる高級ホテルです。何せ目の前海、プライベートビーチですからね。いつでも海行けちゃう。さらに中外にプールも完備。ずっとホテルの敷地内だけで無限に遊べちゃう。そんな楽しんでる子供の笑顔見たら、親はきっと「ザ・ブセナテラス来てよかった!」になること必至です。絶対なります。はしゃぎすぎて、お子さん部屋のベランダから落っこちないようにだけ要注意!

ザ・ブセナテラス周辺の観光スポット

ザ・ブセナテラス自体を楽しむ

はい、かなり前提覆しますが、名護観光するより、ザ・ブセナテラス自体を楽しんだほうが絶対に良いです。というか、良いホテルは宿泊料も高いので、元を取るという意味でもホテル自体を楽しむべきです。

美ら海水族館

ザ・ブセナテラスから車で1時間くらいです。宿泊した際レンタカーで行ったのですが、思ったより遠いですw 行って帰って2時間ですからね。ホテルでゆっくりしとけばよかったと少し後悔しました。
美ら海水族館自体は楽しいですよ!広いですし。

宿泊料金

シーズンによって変わりますが、1泊安くて4万円からと考えておくと良いでしょう。
ホテルの宿泊料金は、現金やクレジットカードで支払うことができます。

ザ・ブセナテラスの宿泊料支払いに利用可能なクレジットカード会社は下記になります。

・ VISA
・JCB
・American Express
・Master Card
・Diners Club

ちなみにAMEXは、ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」のポイント交換先に、ザ・ブセナテラス他、ザ・テラスホテルズ系列ホテルがあります。AMEXで支払ってポイントを貯めて、マイルで飛行機、ポイントでザ・ブセナテラスに泊まってみてはどうでしょうか?

2019年3月末までは、AMEXのポイントの交換対象にブセナテラスの宿泊があったのですが、2019年4月に入った段階でなくなってしまいました。

自分もANA AMEXを使っているため、また復活してほしいところです。

ブセナテラスの宿泊予約ができるサイト

■楽天トラベル

さとふるふるなびバナー

■一休

さとふるふるなびバナー

・expedia
・booking.com
・hotels.com

など、各有名どころのホテル予約サイトで予約が可能となっています。基本どこも同じプランを取り扱ってはいるので、使いやすいところで予約すれば良いと思いますよ。

ザ・ブセナテラス泊まってみた感想まとめ

ということで、ザ・ブセナテラスについてまとめてきました。結論、超おすすめということが伝わってもらえればありがたいです。安い宿泊代ではないので、泊まる際は全力でザ・ブセナテラスを楽しみましょう!
うーん、書いてたらまた行きたくなってきた。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング